世界連邦埼玉県支部 | 山根りゅうじ


トピックス

もう一つのウクライナ

ウクライナから目が離せない。人が人を殺すことは耐え難く日々、胸に傷を負うような思いを多くの人が抱いているに違いない。人道主義の立場からの感慨の一方、永く政治に携わってきた人間としては別の視点を併せ持つ自分もいる。その立場から見ると、アメリカの軍事ソフト面での圧倒的な力を見せつけられ驚かされる。ロシア内部の情報収集、分析力を駆使してロシアが仕掛けてくる陰謀を次々と明らかにして世界に示しているが、その筋書通りにロシアが動いてくる。こうした面でもプーチンは焦りと不安で心の中は激しく動揺しているのではないか。 これは私の忖度だが、潜在的にプーチンはウクライナの持つ核開発技術を恐れいつか核開発してその矛先をロシアに向けてくるかもしれないという、思いを持っているのではないか。事実、航空母艦を中国に輸出したり、北朝鮮の核開発に主導的役割を果たしてきたとの話がある。これは日本にとっても由々しき問題なのだが、今、このことに触れることは避けておきたい。だからこそ一刻も早くウクライナを明確に西側陣営に組み込んでおかなければという思いも私にはある。


2022.03.16|徒然に

TOP