世界連邦埼玉県支部 | 山根りゅうじ


トピックス

指導者の徳

ロシアのラブロフ外相が記者会見で「ロシアはウクライナを攻撃していません」と発言したのには驚かされた。今後、ウクライナ問題が終わった後で彼とまともな外交交渉をする気には誰しもなれないだろう。白々しく恥じらいもなく噓をつき続ける彼の心のうちはどんなだろうか。ロシアには西欧に対する劣等意識が潜在的にあって、屈折した意識が作られやすいとロシア通の人から聞いてきたが世界一の国土を持ち、様々な地域では多様な文化を持つ国なのだから自信をもって軍事からでなく、世界をリードする国になってもらいたいと思う。 翻って、古代中国には偉大な思想家、政治家が排出されているが異口同音に国を治めるものには人徳がなくてはならないと説かれている。国、政党、会社あらゆる組織のリーダーにも求められるものに違いない。


2022.03.12|徒然に

TOP