世界連邦埼玉県支部 | 山根りゅうじ


トピックス

高齢者の病院通い

高齢者と病院は切っても切れない関係にある。そこでよく揶揄されるのは「暇だから病院でも行ってくるか」といった類の言葉である。しかし自分が高齢者となり病院に通院するようになって気付いたのは、高齢者の多くはいつも身体のどこかが不調で我慢していることが多く、一度、診てもらおうと意を決して医療機関に足を向けるのではないか。何も問題がないのに医者通いしている訳ではないだろうと思う。65歳を超えると急激にあちこちに痛み出したりする人が多いのが実態ではないのか。臓器を除いても穴の開いているところは、たいてい機能低下してくる。目、耳、鼻、口そして下半身の二つの穴である。
私の場合、同世代の友人と比べてみて健康と体力には自信を持っていたがやはり65歳からあちこちで支障が出てきた。市役所から送られてくる健康保険料を見るとやはり若い人に負担をかけ申し訳ないなという気がする。ピンピンコロリとはなかなかいかない。


2022.05.08|徒然に

TOP