世界連邦埼玉県支部 | 山根りゅうじ


トピックス

笑いと遺伝子

筑波大学名誉教授で分子生物学者の村上和雄先生は昨年亡くなられている。生前、サムシング・グレートという言葉を残され科学者として究極の存在を表現されていた。敢えて神と言われなかったのは、近代の歴史の中で見えざる力について語った科学者は学界から爪弾きされてきたからなのかもしれない。日本の近代哲学の基礎を築いたとされる、西田幾多郎もその存在に触れているが神とは表現されていなかったかもしれない。
翻って、村上先生は晩年の研究で祈りと遺伝子や笑いと遺伝子の関係に取り組まれていた。特に笑いとの関係では吉本興業とタイアップして色々な角度から研究を深められていた。笑いが遺伝子に働きかけ、免疫力を高める効果があるとその成果を発表されていた。先生はご存じだったかどうか分からないが、統合医療的には注目の研究だったといえるのではないか。


2022.02.15|徒然に

TOP