世界連邦埼玉県支部 | 山根りゅうじ


徒然に

2022年5月の記事一覧

2022.05.13
孫とのけんか
‘‘裏を見せ表を見せて散る紅葉‘‘という歌があったが、「これでいいんじゃない」と勝手に自分を許すことにした。 家庭内のけんかである。妻に小さなことで注意をされムッとして怒鳴ってしまった。ここまでは年に数回よくあることなのだが更に、中三の孫の朱里にも同様のことを起こしてしまった。事の一部始終を見ていたあかりの高3の姉・はなに「なんであかりにまで八つ当たりするの」と言われてしまった。翌日、妻は兎も角、孫のあかりには昨日はご免と謝っておいた。本当に自分が悪いのか未だよくわからない。翌日、つまり今朝、あかりを学校まで送ってきたが「どうもありがとう」と平常に戻っていた。
2022.05.08
高齢者の病院通い
高齢者と病院は切っても切れない関係にある。そこでよく揶揄されるのは「暇だから病院でも行ってくるか」といった類の言葉である。しかし自分が高齢者となり病院に通院するようになって気付いたのは、高齢者の多くはいつも身体のどこかが不調で我慢していることが多く、一度、診てもらおうと意を決して医療機関に足を向けるのではないか。何も問題がないのに医者通いしている訳ではないだろうと思う。65歳を超えると急激にあちこちに痛み出したりする人が多いのが実態ではないのか。臓器を除いても穴の開いているところは、たいてい機能低下してくる。目、耳、鼻、口そして下半身の二つの穴である。
私の場合、同世代の友人と比べてみて健康と体力には自信を持っていたがやはり65歳からあちこちで支障が出てきた。市役所から送られてくる健康保険料を見るとやはり若い人に負担をかけ申し訳ないなという気がする。ピンピンコロリとはなかなかいかない。
2022.05.04
国会議員の文書交通費
国会議員に支払われている月100万円の文書交通費は、間違いなくつじつまが合わない。実態はどうなっているのか。私設秘書の給与は国からは出ず自腹で議員が払っているが、仮に三人を雇用したとするとこれだけで使い切ることになる。また、衆議院議員と参議院議員では事情が異なる。参議院議員の場合、さらに比例区の議員と選挙区の議員では活動費用が一般的には違ってくる。加えて政党によっても事情は一変する。公明党と共産党の議員は選挙費用は恐らく個人負担はなく政党が負担するようである。実情は複雑だ。
私は一度、国会議員の歳費も含め実態を踏まえて待遇はどうあるべきかを第三者を入れて徹底的に議論してみてはどうかと思う。

TOP