山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣

  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • instagram

トピックス

2016年3月の記事一覧

2016.03.27
民進党結党を祝して

 十九歳で民社党に入党しその本流のなかで、ずっと政党活動を続けてきたが民進党に参加しないことで四十九年間の党員活動に終止符を自ら今日で打つこととなった。民主党県連で主要幹部として私は一貫して筋道を立てた運営につとめてきたが、党の中央では党勢の衰退の中でそれを挽回すべく、一度離れた国会議員も受け入れる方針となり除名処分を受けた人も次々と再入党を果たした。そして今回の維新の党との合併劇である。
 私が政治活動を始めた1970年代の主要政党で自民党以外の政党では、一度党を離れ他党に移った者が復党する例は聞いたことがなかった。日本の政治文化が大きく変わってきたのだろう。党運営の基準が曖昧となると次々にタガが外され、やがて統制が効かなくなり組織が弱体化しなければよいのだが・・・・・。健全な野党の存在が日本の議会制度発展の絶対条件であり、厳しい船出ではあるが民進党には頑張ってほしいと思う。

2016.03.22
市政改革への決意

 娘、史子の県議会報告書を市民の皆さんにお届けさせていただきながら、様々なご意見やご要望を聞かせていただくことがありました。川越の将来を心配されるご意見、切実な生活苦のお訴え、等々のお声の中で私は自然と私にできることが多々あるのではないか、と考えるようになってきました。市議、県議、国会議員としての経験と知識、情報と人脈を生かして地元川越に御恩返しするのが私の天命であるとすれば躊躇すべきではないとの思いは日増しに高まり、沸騰点を超えたので、内外に私の熱い思いを吐露させていただきました。それが昨日、今日の新聞報道に繋がりました。
、暫くパソコンが不調でブログが更新できませんでしたが、新しいものに買い替え今日から新たなスタートを切らせていただきます。

2016.03.22
市政改革への決意

娘、史子の県議会報告書を市民の皆さんにお届けさせていただきながら、様々なご意見やご要望を聞かせていただくことがありました。川越の将来を心配されるご意見、切実な生活苦のお訴え、等々のお声の中で私は自然と私にできることが多々あるのではないか、と考えるようになってきました。市議、県議、国会議員としての経験と知識、情報と人脈を生かして地元川越に御恩返しするのが私の天命であるとすれば躊躇すべきではないとの思いは日増しに高まり、沸騰点を超えたので、内外に私の熱い思いを吐露させていただきました。それが昨日、今日の新聞報道に繋がりました。
、暫くパソコンが不調でブログが更新できませんでしたが、新しいものに買い替え今日から新たなスタートを切らせていただきます。

2016.03.03
アメリカ大統領選挙について

民主党 クリントン候補と共和党
トランプ候補との戦いとなれば、クリントン候補の圧勝で選挙は終わるのだろう。それにしてもトランプ氏と橋下大阪市長とイメージが重なって仕方ない。
CAT:1

2016.03.02
富岡製糸場を見学して

先般、家族で世界遺産に登録された富岡製糸場を見学してきた。やはり現場を見て初めて知ることばかりで、感銘を受けて帰ってきた。明治初めに我が国の近代化にいかにこの工場が貢献したのか、展示資料と丁寧な説明員の方の話でよく理解できたように思う。製糸場がこの地に決まるまで、埼玉も候補地の一つだったとの説明があったので「それは埼玉の何処だったのですか」と質問したが、明快な答えは頂けなかったが事実上の決定権者だったフランス人のブリュナーの頭には数か所の候補地があったが、最初から富岡に決め込んでいたふしがあったようだとの説明だった。
私はもう一つ「工場を設立し技術指導してフランスに帰ったブリュナはその後どのような人生を送ったのですか」と質問させてもらった。彼はその後、中国に渡り技術指導し、日本にも立ち寄った後、帰国し二年後病死しているとのことであった。日本では敷地内に大きな洋館を提供され家族といっしょに暮らし、当時の大臣と同程度の俸給をうけていた彼の日本での五年間は幸福だったのだろうか、などと思いを巡らし製紙場の門を後にした。
CAT:1


TOP