山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣

  • facebook
  • youtube
  • instagram
  • instagram

トピックス

変わらず求められている政治家の資質

 取りあえず自分のことを棚に上げて書いてみたい。 
豊田真由子代議士は政治家としてもう十分に、社会的制裁を受けているのだからネタを小出しにして波状的に攻撃し続けるのは、どうだろうか。商業ベースでやっていることだろうが、週刊誌の掲載手法はあまりに非情ではないのか。子供がいて夫がいて・・・そんな事は一顧だにしないのだろうか。 
 今回の報道から色々のことを考えさせられたが、運動家の立場からは彼女の地元での活動量のすごさである。自民党の議員でここまで日常活動を展開している人はそうはいないのではないか。特に、毎晩、選挙時でもないのに国会から帰って10軒以上の訪問活動をするという努力は評価できる。自民党の勢いがある中でも尚、この活動は頭が下がる思いである。 
 さて、本題の政治家の資質についてである。私の私見だが民主党が政権をとる前後の民主党議員の知的レベルは、この50年ほどの野党のなかで最も高かったのではないか。政権政党には自ずから人材が集まりやすいが、野党においては一流の人材はそうは集まらなかった。しかし、政権が変わるのではないかいった状況・空気の中で各界の有能な若い人材が引きも切らず集まってきた。あの時、日本の国会は最も知的レベルが歴史上高かった時ではないだろうか。 
 しかし、いつの時代でも求められている知・情・意が備わった人材であったかは別である。知に優れ、意志力に優れていても情に欠ける事が多かったように思う。言わば人間力がいま最も日本の政界に求められているのではないか。人間観察力、包容力、統率力、先見力、説得力、そして何よりも人間的魅力に溢れた人物の登場が待たれている。



2017.07.10|徒然に

TOP