山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

驕りの結末

 この1~2年安倍総理の国会での答弁ぶりが気になっていた。野党に攻撃的であったり、不遜で謙虚さに極端にかけているように見えて仕方なかった。それでも支持率があまり下がらず、首をかしげていたのだが一気に都議選で天罰が下った形だ。閣僚の暴言や失言、党幹部の金銭問題などトップリーダーたるひとの振る舞いが組織全体に影響を及ぼしてくることを、安倍総理は帝王学で学べていなかったといえる。個人的には安倍さんを好意的に見てきた私でさえ、このところの態度、空気が生理的に馴染めないでいた。歴代自民党の総理も確かに野党に開き直り攻撃的になったりするが、それはもう解散直前の国会での論議の時に限られていた。 
 翻って、小池都知事、都民ファーストの代表を選挙後直ちに辞めてしまった。これは驕りの始まり、と見るのは早計だろうか?



2017.07.04|徒然に

TOP