山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

小池新党結党の場合

 来年7月が都議会議員の任期である。ここで 地方政党を立党し一定の議席を占めてくるとなると中央政界への影響も間違いなく出てくる。特に議会を牛耳っていたといわれる大物都議の人達のところで、刺客を出すような形で擁立したりするとマスコミの注目が一気に高まり大きなうねりが起きてくる可能性がある。 
 大阪維新の党のような動きになってくるかは微妙だが、首都圏で国政に打って出てくるとなると自民党の公認漏れの人や、地方議員の人で挙手してくる人は数多いるのではないか。衆院は1月の可能性が出てきているが、3年後の参院選挙まで勢いや熱が続いていていたとすると首都圏に激震が走るのかもしれない。埼玉も含め神奈川、千葉、東京の現役国会議員の皆さんにとってみれば無気味である。 



2016.09.26|政治・経済等

TOP