山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

敬老の日

 自分が高齢者になっているという自覚はようやく出てきている。人口の24.3パーセントが男の高齢者割合ということで、このまま年金をノホホンともらい続けるのはどこか若い人に申し訳ないような気がしているのは私だけではないでしょう。家庭や地域社会などで自分にできることをさせてもらいたい、という思いを抱く人が圧倒的なのではないか。健康を害しておられたり、自分なりの人生観をお持ちの方は其れなりの在り方で楽しく過されればそれでいいのだと思う。 
 問題は活動の意欲をお持ちの方にどう機会と場を提供できるか、に尽きます。過去のプライドへの囚われ、地域での人間関係等々、様々な克服すべき課題は行政にありますが、現実には色々試行錯誤しながら地域に合った程よい施策が出来上がっていく事になるのでしょう。 



2016.09.19|徒然に

TOP