山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

卑劣な行為

 同性として男の痴漢や強姦ほど腹立たしいことはありません。芸能人である高畑裕太の起こした事件は示談が成立しましたが、恐らく余罪は数多あるのではないかと思われます。犯罪として立件させるのには被害者の詳細な説明が、警察や裁判所・法廷で行われなくてはならず、ほとんどの方はそのことに耐え切れず泣き寝入りや示談としているのが実態でしょう。 
 このほど法制審議会で答申が出され被害者の法廷での詳細な供述がなくても、被告人を裁けるという方向性が出されたことは犯罪の防止効果も高まるものと期待できそうです。法案としてどうまとめてくるのか注目です。強姦は本当に卑劣な行為で被害者にとり生涯、傷跡が消えることはありません。政治家として今日まで何人かの方からご相談を受けてきましたが、いつも未消化な思いが残る結末となっていました。これでようやく光が見えてきた気がします。 



2016.09.13|徒然に

TOP