山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

外務省からの手紙

 久しぶりの手紙で開封したら事務次官新旧交代の挨拶状であった。斎木前次官とは、副大臣の時はあまり接触することはなかったが、北朝鮮の拉致担当をしていた時、党の勉強会で何度もお会いしている。厳しい交渉にはうってつけの人、との印象だった。いつも冷静で自分の果たすべき役割をしっかり把握し、相手側からは「この人に嘘は通じないすべて見透かされている」そんな気持ちにさせられる程のある種、クールさを持った人で極めて能力の高い優秀な人材だった。
 杉山新次官はエネルギッシュで、気遣いのある庶民派タイプの能吏。二人は対照的な次官だろう。アメリカ新大統領との新たな関係の構築、不穏な動きをやめない中国との関係、ロシア、北朝鮮との交渉、大変な時期の就任だがアジア大洋州局長時代を見てきた印象では、この人なら官邸との関係も含めきっといい仕事を果たしてくれると思う。



2016.06.19|政治・経済等

TOP