山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

孫との適切な距離

 「さ~お風呂に入るぞ」と言ったら「ううん。一緒に入らない。多分もう一生一緒に入らないと思う」そう小5の花美に宣言されたとき、いよいよその時がきたなと思ったが、小3の朱里も「触らないで。触りたいとき朱理から触るから」と言い始めてきた。そして昨日などは「ジジ君ストーカー止めて」と訳の分からないことを言ってきた。そう言いながら放っておくとベタベタと絡んできたりする。成人した二人の子供たちには、遠くから温かく見守るような感覚でいるのだが、孫たちには遠くからではなく一定の距離を置いて熱く見守るような時期にき始めたような気がする。



2016.06.06|孫との語らい

TOP