山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

モハメド・アリ氏のこと

 パーキンソン病を患っても今まで得た栄光を考えれば、バランスの取れた人生、との受け止め方が凄いと思う。自暴自棄にならず前向きに生きていくたくましさに励まされた人は多いだろう。日本では長嶋茂雄さんもいる。渡哲也さんは役者としてのイメージを守りたいと一度は自死も考えたが、生を選び見事に復活されたことを思い出す。時代の寵児となった人は幸か不幸か生涯、時代を背をわされている感覚が残るものなのだろう。世間の注目を浴び続ける苦悩はいかばかりだろうか。
 アリ氏の人生はドラマそのもので、誰しもが担えるようなものでなく正に重量級の生涯であり偶然にこのような人生を生きたのでなく、考え抜き、選び抜いてこの時代に舞い降りたような気がする。



2016.06.05|徒然に

TOP