山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

予測の結末

 半年くらい前だったろうか、政界の二つの問題について大胆に予想したことがあった。ひとつは民主党の合併・再編問題についてだった。維新との合併については小規模なもので終わり、党名は‘‘新民主党‘‘といった程度で終わるだろうとの予測をした。これはほとんどズバリと当たったのではないか。次は衆参同日選の可能性を7~8割と予想したのだがこれはどうやら外れてしまったようだ。熊本地震もあったが、自民党独自の調査であまり勝算が立たなかったことが、一番大きな決定要因でないのか。解散の時期の予測は総理だったらどう考え決断するのかを忖度すれば私は結構な確率で予測できるとは、今でも思っている。
 総理の性格、発想の仕方、体調をみれば‘・・・今回の総理の最大の関心事は憲法改正を念頭に一歩でも近づけるか否かの判断だったと思う。私の予測は結局一勝一敗で終わった。



2016.05.31|政治・経済等

TOP