山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

一番の味方にも匹敵する人々

 政治団体‘‘川越市政をガラッと変える市民の党‘‘のビラにも書き自らを鼓舞したことだが、仲間だった人や身近な人、お世話してきた人、あるいは人間関係から自分なりに期待していた人々から裏切られたりすることは、政界に身を置いている限り覚悟しなくてはならないことなのだ。そう自分に言い聞かせてはいるのだがそれでも、裏切りにあえば心に傷を残すこととなる。
 ところが、人間関係もさほど深くはなかった、あるいは自分の中では認識が薄く予想だにしていなかった人が熱く
私の政治活動に協力してくださることがある。これが本当にありがたい。神様がバランスをとって下さっているようにさえ思えてくる。自分の最大の味方は誰しも自分であると思うが、また、それに匹敵する人々がいることも事実である。
 翻って、歌の歌詞、曲に励まされることもこの年になってさえ尚、あるものである。今の私には中島みゆきの‘‘ファイト‘‘がその歌で、参議院議員の時、私の秘書がこの歌を様々なイベントの際、応援歌というか、主題歌というか添え歌として使わせていただいていた。今、改めてこの歌の歌詞を思い浮かべて自分を励まし、慰めてもいる

 「 ファイト! 闘う君の唄を 闘わない奴らが笑うだろう ファイト!」という歌詞にカンパーイ。
CAT1



2016.05.30|徒然に

TOP