山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

秘書 スタッフの大きな役割

 今回の都知事の事、田母神さんの件、政治資金の扱いの事は秘書などの役割が極めて大きい。1億円を超える金額を議員自身がチェックするのは現実にはかなり困難だと私は思う。もしできるとするなら公務など仕事を大きく削らなくてはならないだろう。追及を受けた件の人がマスコミなどの追及で「これからは私がしっかりチェックしていきたい」と答えざるを得ないが、現実からは乖離した話だ。
 政治家の交際費については一般的に議員活動の実態は情報収集や人脈作りに飲食は欠かせず、相手方の事を考えれば政治資金で計上しにくいことも多く、政治家は多分自己負担している部分がかなりの金額に上るのではないか、そんな一方の事情もあることは確かで政治家の本音の部分では複雑な思いがあるだろうだ。もちろん私的な支出を政治資金で使うのは論外であることは付言しておかなければならない。
 議員本人の考えにもよるが、政治資金の処理は信頼できるスタッフにしっかりチェックしてもらうのが一番だと思う。その際、公私混同の考えが議員本人にあるとスタッフの会計処理も中途半端な扱いになってしまう可能性がある。また、政界通の人たちから「あの秘書さんは・・・・」と訝られている人を知らずに雇ってしまった時は要注意である。



2016.05.18|政治・経済等

TOP