山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

民進党結党を祝して

 十九歳で民社党に入党しその本流のなかで、ずっと政党活動を続けてきたが民進党に参加しないことで四十九年間の党員活動に終止符を自ら今日で打つこととなった。民主党県連で主要幹部として私は一貫して筋道を立てた運営につとめてきたが、党の中央では党勢の衰退の中でそれを挽回すべく、一度離れた国会議員も受け入れる方針となり除名処分を受けた人も次々と再入党を果たした。そして今回の維新の党との合併劇である。
 私が政治活動を始めた1970年代の主要政党で自民党以外の政党では、一度党を離れ他党に移った者が復党する例は聞いたことがなかった。日本の政治文化が大きく変わってきたのだろう。党運営の基準が曖昧となると次々にタガが外され、やがて統制が効かなくなり組織が弱体化しなければよいのだが・・・・・。健全な野党の存在が日本の議会制度発展の絶対条件であり、厳しい船出ではあるが民進党には頑張ってほしいと思う。



2016.03.27|政治・経済等

TOP