山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

朝鮮半島の指導者

 北朝鮮のモランボン楽団が急きょ北京公演を中止し帰国した。理由は明らかにされないままであり恐らくは、取るに足らぬ些細な事だったに違いない。北朝鮮にしてみれば対中関係改善の絶好の機会であった筈で、「なんとしたことか」の思いは中国と北朝鮮の良識ある人々の共通認識だろう。「ああ~この指導者じゃもうだめ」との思いが北朝鮮の指導部の中から湧き上がってくるかもしれないほどの金第一書記の大失態だと私は思う。
 さて、韓国である。産経新聞前支局長に無罪判決が出た。常識的、極めて当然な判決なのだが、この国の司法は外国、特に日本絡みの事案については客観的、冷静に法に基ずく判断が下されないことが多いという事情もあり心配する向きもあった。先ずは一安心だが、前支局長の判決後のコメントが強気で若干挑戦的な風情も見受けられたので検察が感情的になり控訴したりしないだろうか、と気がかりではある。
 公判の中で政府の外交省が態々、韓日関係を配慮してほしい旨の文書を提出しそれを読み上げるという展開があったが、三権分立上これは問題ではないのか、驚かされた。日本の立場からすれば有難くもあるのだが複雑な思いである。日本風に言えば韓国政府によるマッチポンプではないのか。



2015.12.18|政治・経済等

TOP