山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

ある労働運動家のこと

昨日、佐久間晃さんの感謝の会が行われ声をかけていただき出席させて頂いた。佐久間さんは真っ直ぐな人で誰からも信頼され、頼られていた人だった。私の選挙も
お手伝いいただいてきたが、陰でというか、本人である私が知らないところでしっかりとした下支えをする、といったタイプに人だった。プリマート労組からマルエツ労組に移り以降、労働運動一筋の人生を送ってこられた。
 世間では労組に対する見方が様々だが、この人を見て労働組合とは何か、何のために在るのかがわかるのではないだろうか。常に働く職場の人々の悩みごとや、困りごとを
キャッチしてその解決に全力投球してきた。もうそんな人柄が体からにじみ出ている。自民党や大阪維新の会の人達から執拗に労組批判が繰り返され誤解や曲解が国民の間に瀰漫しているが、「この人を見てくれ」そんな思いで昨夜、佐久間さんを見ていた。62歳で労働運動の一線を退かれる。



2015.10.07|政治・経済等

TOP