山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

所沢市のエアコン設置 是非の住民投票

市内の小中学校普通教室にエアコンを設置すべきと訴えた住民と、他に使うべき分野はたくさんある、と主張する市長との対立で住民投票が行われた所沢。結果、約2倍の票差で住民側の得票が大きく上回った。金をかけ住民投票までする意味があったのか疑問だが、他市からは見えにくいが実はこの問題ばかりでなく市長の傲慢な姿勢への反発が背景にあるのだと聞かされることが多い。エアコン設置は防衛省の補助事業でありそれを断ってまで排除すべきなのか、との疑問は私自身もいだいていた。私は団塊の世代で中学時代一年の時、俄か造りのプレハブ校舎だった。真夏はうだるような暑さでとても集中できる環境ではなかった。それでも現実を受け入れ真面目に授業を受けていたがあの時の猛暑は今でも記憶に残っている。だからこそだが、今回の投票結果を私は妥当なものだと見ている。
 この際、市長は結果を尊重して設置に踏み切るべきだと思う。民主主義の根本原理に照らして結論の先送りは潔くないと思う。



2015.02.18|徒然に

TOP