山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

孫との語らい

朱里が受けを狙っているわけではないのだろうが、このところ「えっ?」と思うことを口走ってくることが頻繁だ。
今日はおふざけの気なのだろうが、私にむかって「おとうさん」と何度も呼びかけてきた。食事時で妻も史子も一緒にいて驚いた顔つきだったがそのままそのことを口にせずスルーした。
また、「こんな朱里にしたのは、爺君だからね」とも口走っていた。明るく元気で、年下の子供が来ると面倒みもよく友達ともうまくいっているようだし、問題のない子だと思っているので史子に話したら早速、確認してみたようだ。「あまり意味はなかったみたい」とのこと。とにかく意味もなく、わたしにいろいろな言葉を投げつけてくるのは多分、色々な我慢や不満をぶつけるはけ口に私を選んでいるということなのだろうと理解することにしている。



2014.08.25|徒然に

TOP