山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

政治・経済等

民主党参院副議長の輿石さんが会派を取り纏めて、参院民主の会長に再び郡司さんが無投票で選出された。これで党の代表選も回避され海江田さんがそのまま続投されるだろう、との報道である。任期途中なのだから筋としてはこれは道理だろう。しかし、海江田さんで来年の統一地方選に勝てるのだろうか、といった不安。更には一年たって目に見える成果がなければ、代表を降りる、と言ったこととの整合性を問われての今回の海江田降ろしの動きであったわけで,このことは依然解決されたわけではない。
 参院会長選と代表選は切り離して考えて、代表選を実施すべく私は一連の発信をしてきた代表選推進派の人たちは更なる努力をしてみるべきだろうと思う。国民の前で立候補者がそれぞれ堂々と政策、路線論争をして見せてほしいと思う。それが国民の支持回復につながっていくこととなるのではないか。
 輿石さんが何故、今以て力をもっているのか、と聞かれることがある。答えはわたし的には明確である。苦労人で人の痛みがわかる人であること。組合活動で培われた筋を立てて物事を進めていくという、組織運営のすべを体得していること。そして一番の強みは、自分の栄達をもとめないという姿勢にある。どこかに私欲があれば他の議員からはすぐに見透かされ信頼を得ることはできない。これが輿石さんの最大の強さの秘密だ。



2014.06.19|徒然に

TOP