山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

政治・経済等

拉致問題について
   家族会の皆さんと一緒に新宿駅西口で署名活動に参加させてもらった。娘の史子にも声をかけて久しぶりに活動を共にした。協力者の皆さんもかなりいて用意されていた配布物の小冊子もかなりはけたようだった。少し自慢話をさせてもらうと、19歳から駅頭でのビラまきを続けているので47年の経験の蓄積があり、たぶん私が一番多く資料をまけたと思う。
 いよいよ拉致被害者の皆さんを解放できる兆しが見えてきたが、相手が相手だけに信頼しきれるわけではないが、このチャンスをなんとかものにしなければならない。

 対韓意識調査について
    読売の世論調査によると、73パーセントの日本人が韓国を信頼できないと答えている。韓国では日本にたいし83パーセントにのぼるがこれは国を挙げた反日キャンペーン、教育の影響であり今更、驚きはしないが日本人の対韓意識はかなり深刻なもんだいである。それは日本より韓国にとって今後、様々な障害となってくるのではないか。韓国はわが国に対し色々と屈折した感情が複雑に絡み、つかず離れずの距離感をもっているが本音では日本の支援、協力なしで国は立ち行かないと考えている有識者が多いのではないか。しかしそのことは認めたくないし、また国内で広言することはできないという環境がある。ならばいっそ中国を頼りましょうという空気がいま瀰漫してきているが、歴史を知る知識人は恐らくまたぞろ、中国の属国のような地位に甘んじてしまうのではないか、といった恐怖心もあるのではないか。
 、いずれにせよ日本人が韓国への意識を改善できるのは、これで相当の年月を要することとなり、経済をはじめ多方面で韓国は国力を減じることとなるのではないか。



2014.06.07|徒然に

TOP