山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

孫との語らい[Vol.18]

 愛犬のジルを連れて花実と朱里の三人で散歩に行った帰り道、ジルを引いて花実が少し先を歩いて離れた距離が保たれていたとき,いきなり朱里が「ジジ君 思いやりって嫌なことをしないことだよね。キスをされるのが嫌な人にキスしちゃいけないんだよ」と言うので「そうだよね。それと思いやりで大切なことは,やってほしいことをしてあげることだよ」と私から言い添えた。なんでキスのことなんていったんだろうと不思議な気がしたので家に帰って妻に話したら、「何言ってんのよ。それは貴方のことを言ってんのよ」と言われた。もう朱里にチューはしない方が良いということのようである。
 ‘思いやり‘と言う言葉は、いつも私から言い聞かせている言わば、家庭内では慣用句となっているワードである。例えば、姉妹喧嘩をしているとき[この頃、花実は朱里に思いやり力がおちてきてるよ]などと言っているので、朱里にとっても自然と口に出る言葉になっているようである。



2013.11.17|孫との語らい

TOP