山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


トピックス

孫との語らい[Vol.22]

娘の史子が「いつごろまで子供たちを(ベタベタと)可愛がれるの?」と唐突にに聞いてきた。「うん、お前たちの時と同じように、反抗期までじゃないかな」と答えておいた。中学生頃になれば自然と親と距離を置きたがってくるもので、そんな年頃になってきたら、静かにそっと離れて行ってやればいいのだと思う。史子は納得したのだろう黙って頷いていたように思う。そんなことを言われると、花実と朱里を見ながらこんなベタベタ関係もいつまで続くのかと少しさびしい気持ちにもなってくるというものである。



2013.11.23|孫との語らい

TOP