山根りゅうじ|川越市政をガラッと変える市民の党|元参議院議員 元外務副大臣


山根りゅうじの経歴

議員前

出生

昭和23年 東京都豊島区生まれ
私は7人兄弟の末っ子として誕生しましたが、皆異母兄姉で年の差も大きく、一人っ子のように育ちました。

学歴

「私立佼成学園高等学校」卒業
「埼玉大学経済学部」中退
埼玉大学には県議会議員の時、社会人入学を果たしましたが、残念ながら時間の確保がままならず、挫折しました。

職歴

昭和41年「医歯葉出版株式会社」勤務
4年ほど、サラリーマン生活を経験しました。この頃から、当時盛んだった学生運動に啓発されて、アフター5と休日は、専ら政治活動に取り組む日々でした。

国会議員として

政治歴

昭和45年 民社党 衆議院議員 西田八郎氏秘書
昭和48年 民社党 参議院議員 柄谷道一氏秘書

私の政治活動の第1歩目は、衆議院議員の秘書でした。衆議院議員の秘書の後は、参議院議員の秘書も経験しました。衆議院と参議院の両方の議員秘書を経験した事は、とても貴重な経験でした。
この経験から、衆議院と参議院の役割や違いを、身をもって学ぶ事が出来ました。私が衆議院よりも参議院を選んだ理由も、この時の経験によるものです。

昭和54年 川越市議会議員 1期目
昭和58年 川越市議会議員 2期目
昭和62年 川越市議会議員 3期目
平成3年 川越市議会議員 4期目

31歳になった昭和54年、地盤が全くない川越市から市議会議員に立候補し、初当選をさせていただきました。
その後、多くの方々のご支援によって、4期連続当選をさせていただきました。この間、「市政」を徹底的に学び、今でもその時の経験を生かす事が出来たと自負しております。
そして、私は、その経験をもっと多くの人達の生活に生かしたいと思い、埼玉県議会議員を目指したのでした。

平成7年 埼玉県議会議員 1期目
平成11年 埼玉県議会議員 2期目
民主党 埼玉県連幹事長
歩みの会・民主議員団(議会会派)幹事長

県会議員の選挙は、2度とも厳しいものでしたが、多くの方々からのご支援のお陰で、県会議員を2期6年勤めさせていただく事が出来ました。
また、「民主党埼玉県連」の結成に立会い、党の要職に就きながら、激動の政界を無我夢中で走り続けました。
振り返ってみれば、国会議員秘書から今日までの35年間は、政治生活一筋に全てを捧げた人生でした。しかし尚、日本の政治は漂流を続けています。

平成13年7月 参議院議員 1期目(埼玉選挙区・民主党公認)

私は政界に身を置く者として、この現状を憂い、議員秘書・市会議員・県会議員としての35年間の経験を生かし、政治を国民の手に取り戻すために、国政に全てを捧げる決意をしました。
そして、平成13年7月の参議院選挙では、得票数419,181票で3議席の3着で当選させていただく事ができました。
政治のプロとしての自覚をもって、国政の改革にとり組みます。

平成13年
<参議院>
内閣委員会 災害対策特別委員会 国際問題調査会
<民主党>
参・国対副委員長
<党県連>
副代表

何でも勉強と考え、割り当てられた委員会でしっかり発言してきました。

平成14年
<参議院>
文教科学委員会 決算委員会 金融経済特別委員会

苦手だった“経済”ですが、何とか1年間こなしました。あと1年、できれば財政金融委員会でやってみたかった気がします。

平成16年
<参議院>
総務委員会理事 倫理選挙特別委員会 国際問題調査会筆頭理事
<民主党>
副幹事長

国際問題調査会では、筆頭理事として舞台づくりに汗を流しました。中国での反日デモが繰り返されていた時に、東アジア共同体構想をテーマとしたのは、時宜を得たものと自賛しています。

平成17年
<参議院>
総務委員会理事・倫理選挙特別委員会・国際問題調査会筆頭理事
郵政民営化に関する特別委員会
予算委員会・経済産業委員会・北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会理事
<民主党>
常任幹事(北関東ブロック)・副幹事長・参院幹事長代理
<党県連>
国会議員団事務局長
平成18年
<参議院>
予算委員会・経済産業委員会・北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会理事
<民主党>
民主党常任幹事(北関東ブロック)・副幹事長・参院幹事長代理
<党県連>
民主党埼玉県連国会議員団事務局長
<参議院>
○環境委員会・沖縄及び北方問題に関する特別委員会
<民主党>
民主党埼玉県連代表代行
平成19年
<参議院>
内閣委員会理事(2007.10~2008.4)
平成20年
<参議院>
参議院経済産業委員長(2008.4~2009.1)
平成21年
<参議院>
参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 理事(2009.1~2009.10)
<参議院>
参議院外交防衛委員会 筆頭理事(2009.11~2010.10)
<参議院>
参議院予算委員(2009.10~2011.1)
<参議院>
参議院国民生活・経済・社会保障に関する調査会(2009.10~2010.7)
平成22年
<民主党>
民主党筆頭副幹事長(2010.7~2010.9)
<民主党>
民主党企業団体対策委員長(2010.9~2011.9)
<参議院>
参議院環境委員会理事(2010.10~2011.9)
<参議院>
参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会(2010.10~2011.9)
平成23年
<参議院>
外務副大臣(2011.9~2012.10)
平成24年度
<民主党>
民主党埼玉県連代表(2012.10~2013.2)
<民主党>
国民生活・経済・社会保障に関する調査会(2012.10~2013.1)
<参議院>
参議院予算委員会(2012.10~2013.1)
<現職>
参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(2012.10~)
<現職>
参議院総務委員会(2013.1~)
<現職>
民主党埼玉県連顧問(2013.3~)


TOP